ミステリー作家「安東能明(よしあき)」を応援する幼馴染によるサイトです。
とはいえ全国区になった彼の作品の読者の皆様からの書き込みもお待ちしています。
 
<< 静岡新聞に連載「突破屋」の社告 | main | 懐かしい便りが続々 >>
安東氏の未発表のエッセイが読めます
本人の希望で書いたけど発表しなかった短い文章を時々載せていくことになりました。ファンは必読ですよ。
 
ところでガラッと話は変わって今日中村勘三郎襲名披露公演4月の昼の部に行きました。七之助さんは夜の部だけなのでちょっと残念でしたが、(でも来週行きますよ)今日の演目もよかったです。

 歌舞伎座で難点といえば横綱クラスの草もち姫には歌舞伎座は昔の日本人向きに作ってあって、、つまり狭い!(私もデブだが)

1等席は多少クッションがあるけれど、今日は3階だったので途中で足の付け根が痛くなって?幕間は用もないのにうろうろと歩いていました。

 ってミステリーと何の関係もない?けど歌舞伎も演目ってミステリーに満ちている。清姫が落ちてきた新品の釣鐘の中で蛇に戻る。のは今日のお芝居でした。

 
【2005.04.08 Friday 01:12】 author : ando-blog
| - | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
歌舞伎会は元々一人4枚しか取れないことになってます。
少なくても10年前からはそうです。
今年からというのは勘違いではないでしょうか?
| まろ | 2005/04/13 3:21 PM |
ああそうですよね。書き方に不備がありました。一般発売からは10枚ですよね。昨年の納涼歌舞伎の一般発売の日の出来事でしたのできっとそう思い込んだのだと思います。大変失礼しました。
| 草もち姫 | 2005/04/13 3:36 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック