ミステリー作家「安東能明(よしあき)」を応援する幼馴染によるサイトです。
とはいえ全国区になった彼の作品の読者の皆様からの書き込みもお待ちしています。
 
<< 安東氏と31年ぶりの再会 | main | BACK TO 読書 >>
真夜中の弥次さん喜多さん
宮藤勘九郎脚本・監督の『真夜中の弥次さん喜多さん』を見ました。

文句無しに楽しめました。「クドカンワールド」爆発。

 前日勘三郎襲名4月公演で七之助の口上・初菊を見たばかりだけど、この映画での熱演にも拍手!

 しかし、最初の映像から展開・おいおい!というほどの悪乗り、、どれもがなぜか引き付ける。

 ディカプリオの熱演は大拍手の「アビエーター」より、フジグループ挙げての「ローレライ」よりも私の中のランクは上です。

 なにそれ?という方是非ご覧下さい。でもあなたの感性に「変態!」と写ったらそれはそれでごめんなさい。

 
【2005.04.17 Sunday 09:23】 author : ando-blog
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック