ミステリー作家「安東能明(よしあき)」を応援する幼馴染によるサイトです。
とはいえ全国区になった彼の作品の読者の皆様からの書き込みもお待ちしています。
 
<< 真夜中の弥次さん喜多さん | main | 桜満開 富士霊園と桜亭の松花堂弁当 >>
BACK TO 読書
今回安東氏のサイトを売り込むべく?いや少しでも多くの方に知って欲しいと、読書家のサイトを拝見してみて驚きました。

 いやぁ同じ人間として恥ずかしい。しかもこうやって記録することでいっそう楽しんでおられる方の多いこと。

 ちょっとずうずうしく相互リンクのお願いなどしてみました。皆さん快くOKしていただきましたので、サイトでご紹介しました。

  老眼を言い訳に読書から逃げ出そうとしていたところ、首根っこをつかまれた感じがするなぁ。

 こう見えても昔は「夢見る文学少女?」だったのになぁ。

明日会う友人に「ダビンチコード」を遅まきながらお借りすることになっています。「天使と悪魔、これは 今話題のコンクラーべがでてきます」との事でこれも読んでみます。はい。
【2005.04.18 Monday 23:35】 author : ando-blog
| - | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ダビンチコード
ダ・ヴィンチ・コードの感想 書籍のダ・ヴィンチ・コード上下巻の内、今のところ上巻を読んでいる。 まだ5章までしか読んでないけど、結構引き込まれる。外国美術に興味あるならば、買っても損はしないだろう それくらい細かな芸術性にまで、言及点がある。
| ダビンチコード | 2005/05/02 9:53 PM |
back tattoos
?????????ヲ???????
| back tattoos | 2006/12/25 6:41 PM |