ミステリー作家「安東能明(よしあき)」を応援する幼馴染によるサイトです。
とはいえ全国区になった彼の作品の読者の皆様からの書き込みもお待ちしています。
 
<< 浜松在住の作家3人展始まります | main | 列車事故に安東氏怒る >>
問題小説連載中「螺旋宮」について
今日掲示板に安東氏本人から「2年あまり徳間書店の問題小説誌に連載していた「螺旋宮」が来月号で最終回を迎えます。地下世界と不妊症、そして修験道の奥義とも言える輪廻転生をテーマにしたホラー作品です。最終回をようやく書き終えて少しほっとしています。」という書き込みがありました。
 何回か読んでみましたが、複雑です。

 先日ご本人に逢った際にも「ああいう筋を考える思考回路をもっているのねぇ」と思わずほめ言葉ともつかぬ声をかけてしまいました。

 不妊症ぐらいまではついていけますが、地下世界が想像を超えている上に、徳川時代の上様や胞衣桶とか出てくるので一回読んだくらいではついていけません。月刊誌に連載というよりは単行本になったものを時間をかけてじっくり読みたいものです。
【2005.04.22 Friday 21:11】 author : ando-blog
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック