ミステリー作家「安東能明(よしあき)」を応援する幼馴染によるサイトです。
とはいえ全国区になった彼の作品の読者の皆様からの書き込みもお待ちしています。
 
<< 井上靖について | main | 浜松文芸館での講演会 >>
「週刊朝日」掲載記事について
 先日取材を受けたといっていた「週刊朝日」が発売になって早速読みました。
 News Browingという特集でタイトルは「列車事故ミステリー作家が予見した運転士を追いつめる「秒」というもの。

NEW!
 詳しくは買ってでも立ち読みでも読んでいただきたいと思いますが、このなかで「時間を人質に、、、」から復讐という言葉が出るあたりはやはりミステリー作家ですね。

 マニラに住んでいる友人が時々日本に帰ってくるけれど「3分後に来る山手線なのに、髪の毛振り乱してかけこんでくる乗客を見るとこの国ってどうなってんの?っておもうのよね。やれ次はどちら側のドアが開きますとか。うるさいアナウンスは要らないし。開いたほうから降りるわよ。」と言っていたことも思い出した。

 「15秒」をもう一度・また新たに読んで下さる方が増えるといいなと思います。宜しくお願いします。
 
 
【2005.05.17 Tuesday 10:03】 author : ando-blog
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック