ミステリー作家「安東能明(よしあき)」を応援する幼馴染によるサイトです。
とはいえ全国区になった彼の作品の読者の皆様からの書き込みもお待ちしています。
 
<< 「ポセイドンの涙」本音に近いところ"ユーロより青函トンネル?”そして、、 | main | 講演会より:「漂流トラック」その2とてつもなく物寂しいところ探して >>
講演会より:「漂流トラック」その1
その後は『漂流トラック』というのを書いたんです。これは別にアイディアも何も無くて、編集者と『次は何を書こうかね?』といったときに、僕が『物流でもいいかねぇ?』っていったんですけど、
 『物流』って言葉ありますよね。それを一言いったら『じゃぁ物流にしましょう』ってことになりましてもうそれだけで決まっちゃって、物流っていっても広い意味がありますし、トラックにも乗ったことが無くて「えっ?」って感じになっちゃって、
 でも『物流』って言葉はなんとなくいいですよね。なんかあるような感じがするじゃないですかドラマティックな(笑)うん。で、佐川急便とかもあったし、なんかいろいろあるじゃないかということを連想させますよね。
『もう分かりましたじゃあ書きますよ』なんて軽く言っちゃんですよ。

 それはいいけどまったく五里夢中というのはあのことだったのですけど何をしようかなって本も読んだんですけど、ネタは無いですよね。本を頼りにしようってインターネットで見ていて日通のホームページがあるんですけど、そこにある物流の専門家の方にこうこう書きたいんですけどってメールしたんです
【2005.09.05 Monday 09:56】 author : ando-blog
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック