ミステリー作家「安東能明(よしあき)」を応援する幼馴染によるサイトです。
とはいえ全国区になった彼の作品の読者の皆様からの書き込みもお待ちしています。
 
<< 講演会より:「漂流トラック」その3 宮崎置いてきぼり事件 | main | 日本のトンネル技術は世界一「ポセイドンの涙」もよろしく >>
「凍える火」のエピソード うっかり言った一言に凍えた安東氏
中日新聞で連載をさせていただいたんです。静岡県内版ですけど『凍える火』っていうのです。ミステリーでそれはまだ小説の本になっていないんですが、人が燃えて、人が燃えちゃうんですよ燃えたところが衣服とかが真っ黒になって燃えているんですけど、解剖をすると寒いところで死んだという凍死だという所見が出るんです。そういう謎解きの小説なんですけど。その主人公を東京の刑事にしようと思っていてその実家が川口の鋳物工場の暑いところで火をがんがんおこして鉄を打つ暑い鋳物ですよね取材に川口にいったんですけど。
飛び込みで行っていろいろ聞いたりしたんですけど、飲み屋とかに行ってそのへんのおっさんに話を聞いてみようと思って「川口って吉永サユリの『キューポラがある街』ってヒットしてよかったですよね」とかって僕ポロッと言ったんですよそしたらみんなにこうにらみつけられて「僕なんか悪い事言ったかな?」って思ったんですけど吉永サユリの白黒の昔の映画ですけどあれの舞台が川口だったんで、持ち上げるために言ったんですよ。僕見てはいなかったんですけど。
皆さんが飲み屋のおじさんたちが怒るんですよ。そしたら当時東北のほうからの集団就職の金の卵たちが出てくるんですけどその子供たちが「あのキューポラのある川口だけはいやだと煙がもくもく立っていて暑そうで辛そうであんなのは絶対いやだ」ということで川口だけは集団就職から取り残されたらしいですよ。それなのにぼくがそんな事言ったので火に油を注いだようなものだったんです。あぁそうか迂闊なことはいえないなっていろんな小説や映画やいい影響もあるんでしょうけど悪い影響もいろんなところで出ているんだろうなと思いましたとこぼれ話です。
【2005.10.01 Saturday 16:05】 author : ando-blog
| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック